【記事】ソニーがディープラーニング用“コアライブラリ”をオープンソース化

ソニーがディープラーニング用“コアライブラリ”をオープンソース化

元記事はこちら。

ソニーは27日、ディープラーニング(深層学習)のプログラムを生成する際のフレームワークとなる「コアライブラリ:Neural Network Libraries」をオープンソース化した。同ライブラリを利用することで、プログラマやデザイナーは、人工知能(AI)を実現できるディープラーニングのプログラムを開発し、各種製品やサービスに搭載できるという。

Ai20170627 01

ディープラーニングは、人間の脳を模倣したニューラルネットワークを用いた機械学習の一手法。従来型の機械学習に置き換えて使用し、画像認識や音声認識の性能が近年飛躍的に向上、ある領域では人間を超える性能も達成しており、画像認識や音声認識に加え、機械翻訳や信号処理、ロボット制御など広範囲な対象に応用されている。

ディープラーニングのプログラム開発において、開発者は画像認識や音声認識などに応じて最適なニューラルネットワークを構築。性能向上へ試行錯誤を繰り返し、ニューラルネットワークを最適化した後、製品・サービスに搭載する。

今回公開する“コアライブラリ”は、一連の開発工程を効率的に実現するソフトウェア(演算モジュール群)。コアは、C++11で記述されており、LinuxやWindowsなどの多くのプラットフォームで動作。開発環境のプログラミング言語は、ディープラーニング開発で主流のPythonを利用可能。NVIDAのGPUを用いて最速クラスのスピードで実行できるという。

Ai20170627 02

Ai20170627 03

Ai20170627 04

Ai20170627 05

公開されるコアライブラリは、基本となるアルゴリズムのみで、映像信号処理への応用や画像のセンシング、データ解析、オーディオ信号処理などの要素技術への応用は含まれておらず、これらは同技術を利用する各社やユーザーが開発する必要がある。

このコアライブラリは、すでにXperiaシリーズのSmartARを用いたカメラアプリARエフェクトや、行動認識技術を応用したLifelogアプリ、不動産売買の成約価格を高精度に推定する不動産価格推定エンジンなどのソニー製品で採用されているが、オープンソース化により、他の開発者にも開放する。ライセンスはApache 2.0。

動作の軽さやモバイル実装に強み

すでに採用されている「Neural Network Libraries」をオープンソース化することで、利用者拡大とオープンソースコミュニティへの貢献を目指すというソニー。

Ai20170627 06

左からソニー 成平氏、システム研究開発部門 要素開発研究部門 AIコア技術開発部 7課シニアマシーンラーニングリサーチャーの小林由幸氏、ソニーモバイルコミュニケーションズ IoTビジネスグループ 事業推進部 事業開発課 原山直樹統括課長

一方で、ディープラーニング向けの開発環境は、すでに各社が展開している。Googleの「TensorFlow」、Berkeley AI Researchの「Caffe」、Microsoftの「CNTK」、Facebookらによる「Caffe2」、日本のPreferred Networksの「Chainer」などが、多くの開発者を獲得している。

それぞれに特徴があるものの、ソニーのコアライブラリは後発がゆえに洗練され、「優等席的なものになっている」とのこと。開発の中心メンバーであるソニー RDSプラットフォーム システム研究開発本部 応用技術開発部門 知的システム技術開発部 6課の成平拓也氏は、「ダイナミック(動的)ニューラルネットワークによる推論・学習のサポート」、「動作の軽さ」、「モバイル実装のやりやすさ」などが強みという。

Ai20170627 07

モバイル実装に強み

一方で、後発のため開発者などの「コミュニティの部分は劣っている」としており、今後はドキュメントの充実に加え、開発者コミュニティ内での発信を強化していく方針。

ソニー社内では定期的に勉強会などを開発しており、すでに800名が参加し、社内でのノウハウを蓄積している。今回のオープンソース化は、「AI環境整備の一環」としており、今後より多くの製品やサービスで人工知能の搭載と、利便性の向上が期待される中で、より幅広い開発者、研究者の利用によるプログラムの進化を期待。また、社会の発展へ貢献していくことを目指すという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。