【記事】人間の脳にAIを直結する技術で出現する新たなる特権階級

人間の脳にAIを直結する技術で出現する新たなる特権階級

元記事はこちら。

脳にAIを直結する技術は、新たなる特権階級を作り出すだろうとスロベニアの哲学者、スラヴォイ・ジジェク氏は論じている。

彼らは自己同一性と自由意志を有しながら、デジタル空間と融合した人間の意識を支配するはずだという。

イーロン・マスク率いるニューラリンクプロジェクト

ウォール・ストリート・ジャーナルが報じたところによると、アメリカの起業家であり、スペースX社のCEOであるイーロン・マスク氏は、急速に発達するテクノロジーに人類が遅れをとらないようにするという野心的な目標を掲げ、「ニューラリンク(Neuralink)」という人間の脳に移植するAI機器の開発を目指す新企業の設立を進めている。

しかし、こうした動きからは、それによって出現するであろうデジタル空間は一体誰が支配するのだろうか、という疑問が自然と浮かび上がる。

Ai20170430 02

AIと人間が融合されたのち、デジタル空間は一体誰が支配するのか?

「権力に関する初めての大きな疑問です――すなわち、このデジタル空間を誰が支配するのか、というね」とジジェク氏。

「私は、人が集合的な脳特異点の一部になると考える、発明家でグーグルの技術部門責任者であるレイ・カーツワイル氏のような夢想家を信じていません。なるはずがありません。」

「私にとって唯一かつ答えが分からない疑問は、それが個人の経験に与える影響です。人は相変わらず自分を自由な存在として体験するのか、それともデジタル機器に制御された存在として体験するのか? 決定的な点は、それが制御されていることすら知らないままにかもしれないということです」

ジジェク氏は、テクノロジーの進歩が続けば、AI接続を使って人を知らぬ間にコントロールすることも可能になると考えている。どこか全体主義的な雰囲気が漂うかもしれない。

AIに接続されることでAI管理者にコントロールされる思考

「こうした人々をコントロールしようという試みがいつでも起こりうるということを忘れてはなりません。きっかけは人道的な理由や心疾患などでしょう。ですが遅かれ早かれ、警察の取り締まり対象となります。今日でさえ、コンピューターは我々以上に我々のことを知っていますよ」

「未来がどんなところか想像がつきます。健康などは自動的にチェック・管理されます。買い物もそうです。政治的な意見や投票先など、色々なことがそうなります。コンピューターは文字どおり、我々以上に我々のことを知るようになるでしょう」

「別に反対しているのではありません。私は夢想家ではありませんから。ただ単純に、そのコンピューターは誰が管理するのか、そう疑問に思うだけです」

Ai20170430 03

ジジェク氏はこれまで階級間の闘争について幅広い著作を残してきた。そして今、新しい階級システムが登場しつつあると予言する。

「矛盾ある状況にいたりつつあると思っています。そこではデジタル空間の外部が特権となるでしょう。そして特権階級になる者とは、デジタル空間に完全に取り込まれることなく、そこを制御できる者でしょう」

そう述べながらも、ジジェク氏は今後のデジタル革命は、抑圧の原因になると同時に自由の源であるとも主張する。

「これに関して私は悲観主義者ではありません。ただ根本的に新しいものが登場しており、それは人間としての基本的な経験に影響するということを知るべきであるというだけです」

Who will control this digital space merged with our brain? – Slavoj Zizek on Elon Musk’s AI venture

via:’Who will control merged human-AI digital space?/ translated hiroching / edited by parumo

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。