【記事】「自動運転タクシー」を目指すドライバーレスな完全自動運転車を目指す、ボッシュとダイムラー社の開発業務提携

Ai20170412 01

元記事はこちら。

欧州の自動車部品大手 ボッシュとメルセデス・ベンツを傘下にもつダイムラー社は、レベル4に相当する完全自動運転車や、レベル5に相当するドライバーレスの自動車の開発を目標とする開発業務提携契約を締結しました。

今回、両社が締結した業務提携は、2020年代初めまでにドライバーの運転操作が不要なレベル4の完全自動運転車を市場導入することと、市街地でドライバーレスで走行する「自動運転タクシー」を実現するレベル5の自動運転車のためのシステム開発と量産準備を整えることを目指しています。

この目標を達成するために、両社は自動運転システムのためのソフトウェアとアルゴリズムを共同開発するということです。

今回の業務提携で最終的な目標としているレベル5の「自動運転タクシー」について、市街地の交通状況を改善すること、安全性が向上することだけに限らず、自動車の新しい使い方を提供することを両者は考えています。

Ai20170412 02

現在ではドライバーが車のもとへ行くのが普通ですが、「自動タクシー」では、無人運転の「自動車が人のもとへ来る」という未来の自動車の使い方を目指しています。

この無人運転の技術が実現すれば、カーシェアリングはさらに便利になり、運転免許を保持していない人に新たな移動手段を提供できると、両社は見ています。

また、市街地のあらかじめ決められた範囲内では、スマートフォンを使ったカーシェアリングや、自動運転タクシーを予約して目的地に向かうことが可能になると予想しています。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。