【記事】【無人で190km走破】バドワイザーのトラックが自動運転でのビール輸送に成功

Ai20170226 01

元記事はこちら。

「自動運転車」はいま、日本を含め全世界中の自動車業界が完成に向け競っています。

そんな自動車業界の大きな転換点となるだろう自動運転は、またひとつ完成へと近づきました。

バドワイザーなどのビールを製造する世界最大手のABインベブ(アンハイザー・ブッシュ・インベブ)が、なんとドライバーなしでビール2000ケースを190㎞もの距離にわたって運送したというのです。

コロラド州を縦断した自動運転車

ABインベブ協力したのは自動運転トラックの新興企業オットー。

2016年10月20日にこのオットーの自動運転トラックはバドワイザー2000ケースを乗せ、コロラド州のフォート・コリンズからコロラド・スプリングスまで運転席が無人のまま約190kmを走り抜けたのです。

その道中には交通量の多いデンバー市街や、風が強く山道の続く州間幹線道路25号線もあったそう。

オットーの自動運転トラックの安全性が証明されたと言え、さらなる実験結果によっては実用化も遠くない話になるでしょう。

ABインデブはすでにビールの製造過程を自動化しているそうです。

配送まで完全自動化となると、産業に人間の手は本当に不要になってしまいますよね。

技術はとっても素晴らしいと思いますが、雇用問題や万が一の際の責任関係など、技術以外にもクリアしなければならない問題が山積みです。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。