【記事】身近なAI ソファーの下にも入れるロボット掃除機で自宅の掃除をもっと手軽に

Ai20170221 01

元記事はこちら。

毎日のことだからこそ面倒に感じる自宅の掃除ですが、ロボット掃除機の登場以来、面倒からは徐々に開放されつつあるような気がします。電源をONにすれば自動的に部屋を動き回り、細かいホコリやゴミを取り除いてくれるロボット掃除機、いまやいちばん身近なAIのひとつといえるかもしれません。

Ai20170221 02

「ROOMMATE® ロボット掃除機 ノーノーダスト EB-RM02A」もそうしたロボット掃除機のひとつ。その特徴のひとつは高さがわずか6cmという薄型サイズだということ。このサイズならほとんどのソファーの下にも入ることができますから、手の届きにくい場所や、普通なら家具を動かさなければ掃除できない場所もきれいにしてくれます。

また、段差から落ちるの防ぐ「落下防止センサー」、障害物を感知して回避する「障害物感知バンパー」を搭載。底面に「拭き掃除シート」を取り付けることで、乾拭きも可能です。基本機能の充実に加え、さまざまな拡張機能も備わっているのはうれしいところ。

メーカー希望小売価格は14,800円(税込)。一般的なロボット掃除機の多くは2万円台後半からですので、かなりリーズナブル。この機会にロボット掃除機を導入して、掃除の自動化を試みてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。