【記事】中国ベンチャー投資が過去最高の3.5兆円…関心対象は「ロボット・AI・ビックデータ」

Ai20170116 01

昨年、中国ではベンチャー企業への投資が過去最高水準となった。
世界的にベンチャー企業への投資は縮小傾向にあるが、
それとは対照的な様相となる。
 
コンサルティング企業KPMGの報告書によると、
中国ベンチャーキャピタルの投資額が昨年310億ドル(約3兆5000億円)となった。
前年の260億ドルに比べ19.2%増加した額だ。
なお同期間のベンチャーへの投資回数は、513回から300回に減少した。
 
投資回数が減ったにも関わらず、総投資額が大幅に増えた背景には、
大規模な投資が相次いでいる事情がある。
例えば、中国最大の電子商取引企業である
アリババの金融系列企業アントフィナンシャルは、
昨年4月に45億ドル(約5155億円)を投資されている。
 
2016年の世界的なベンチャー投資は1270億ドル(約14兆5000億円)で、
前年より9.4%減少した。
アメリカとヨーロッパのベンチャー投資額はそれぞれ、
12.2%(820億ドル→720億ドル)、11.1%(180億ドル→160億ドル)と減少を見せている。
 
中国のベンチャー投資状況を地域別にみると、
まず北京のベンチャー投資企業が全体の半分以上となる185億ドル(59.7%)を占めた。
中国の各地方政府も新たな成長産業を育てるため、
昨年初めからベンチャー企業の投資に積極的に乗り出している。
 
KPMG側は「アジアの投資家たちの主な投資関心対象が変化しはじめている」とし
「以前はO2O(オンラインtoオフライン)であったが、
昨年下半期からは人工知能、ロボット、ビッグデータなどに変化している」と説明した。
また、「フィンテック、教育、健康関連スタートアップへの関心が高まっている」と伝えた。
 
またKPMG側は「今後、中国の海外ベンチャー投資は、
新しい技術を取得するためにさらに増加するだろう(中略)
特に米国が多数の中国ベンチャー投資家の投資対象となるだろう」と付け加えた。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。