【記事】フォルクスワーゲン ゴルフ・トゥーランに先進自動運転支援技術を追加

Ai20170109 02

元記事はこちら。

Ai20170109 01

フォルクスワーゲングループジャパン株式会社は、

2016年1月に導入した「Golf Touran(ゴルフトゥーラン)」の

先進安全装備を強化し、2017年1月7日から

全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて発売する。

今回の商品強化ではフォルクスワーゲンのミニバンでは初めての採用となる、

渋滞時追従支援システム「Traffic Assist(トラフィックアシスト)」を

TSIハイライン、TSI Rラインに標準装備し、

TSIコンフォートラインには専用オプションのセーフティパッケージに追加している。

これによってフォルクスワーゲンの総合安全コンセプトである

「Volkswagenオールインセーフティ」を強化している。

Ai20170109 02

この渋滞時追従支援システム、トラフィックアシストは、

ドライバーがあらかじめ設定した先行車との間隔、車速を自動で保ちながら、

走行レーンも同時に維持するようにサポートするという機能。

渋滞時やストップ&ゴーの多い状況で、システムは自動的に

アクセルやブレーキ、ステアリングを制御する。

これに加えてアダプティブクルーズコントロールや

レーンキープアシストシステムが中高速域で車間や車線維持を行なうため、

トータルでの半自動運転を実現させることとなり、

ドライバーの疲労やストレス軽減に役立つことになる。

なおTSIコンフォートライン専用のアップグレードパッケージに、

新たに「クロームパッケージ」とシルバールーフレールを追加し、

エクステリアにクオリティ向上も実現している。

このアップグレードパッケージのオプション価格は20万円(税込)となっている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。