【記事】競馬予想でもAIの時代? 予想プログラムイベント詳報

Ai20161225 01

元記事はこちら。

今年は、人工知能(AI)のニュースが世の中を賑わせました。

チェスや将棋に続いて、人間の「最後の砦」と言われた囲碁の分野でも、

トッププロに人工知能が追いつき、追い越そうとしています。

それでは、競馬の分野ではどうなのか?

 プログラムによる競馬予測は、どのレベルまで到達しているのか?

人間の予想家は、将来的に生き残ることができるのか?

競馬に取り組んでいるデータサイエンスの専門家が一堂に会して、

日頃の研究の成果を発表するイベント「ウマナリティクス」が、

23日(金)都内で行われました。

70名を超える参加者の過半数は「競馬はあまり詳しくない」とのこと。

競馬予測という未踏の分野に対するIT業界の注目度の高さがうかがい知れます。

発表者は、ビジネススクールの准教授、IT企業のエンジニア、情報工学系の大学院生などさまざまで、

テーマや分析手法も、行動経済学、ディープラーニング、ランキング学習、統計学など多士済々。

競馬には、分析すべきデータが豊富に存在しますし、

なおかつ明確な形で解答=レース結果が出ます。

じつは、データサイエンスときわめて親和性が高いゲームなのです。

データサイエンスの技術者たちが「競馬に目をつけた」のはつい最近の話ですが、

人が集まることによって技術が加速度的に進歩していくのがITの世界では常識です。

競馬ファンも、この分野の動向には今後注目が必要かもしれません。

なお、イベントは有馬記念の前々日ということで、

参加者の予想プログラムによる有馬記念の予想大会も行われました。

ぜんぶで5者のうち、3者の本命がキタサンブラックに集中。

サトノダイヤモンドが本命1、対抗2。

穴にはマリアライトミッキークイーンデニムアンドルビーの名前が上がりました。

ちなみに、それ以外で本命に挙げられたのは

なんと最低人気を争うムスカテール

また、エキシビジョンとして、歴代優勝馬の対決をシミュレーションした

『幻の有馬記念』の映像も公開されました。

予測したプログラムの開発者は、

プログラム予想コンテスト『第1回電脳賞』で回収率100%超えを達成した実績の持ち主。

予測システムの名称はAlphaImpactですが、

勝ったのはその名の由来となったディープインパクトなのか?

結果は、YouTubeやニコニコ動画に公開された動画で見ることができます。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。