【記事】人工知能時代突入!「GPU」で快進撃のNVIDIAという会社を知ってますか?

Ai20161212 01

元記事はこちら。

みなさんNVIDIA(エヌビディア)という会社をご存知でしょうか?

 

1993年にアメリカカリフォルニア州に設立された

半導体メーカーなんですが、

パソコンのグラフィックがより細密になるに従って必要になってきた

グラフィックプロセッサ:GPUの開発を主にしてきた会社です。

そもそもグラフィックの処理が大切なゲーム専用機器、

XBOXやPS3などで共同開発が行われるようになり注目を集め、

その後どのパソコンメーカーも基本CPUのほかに、

グラフィックプロセッサGPUを搭載して、

より高性能なグラフィック処理を売りにするようになり、

一気に大きくなっていった会社です。

ちなみにGPUという言葉はそもそもNVIDIAが作った言葉なんだそうです。

Ai20161212 02

そんな中、改めていまなぜNVIDIAのGPUが注目されているのかというと、

人工知能を動かすためのディープラーニングの計算には、

これまでのCPUのような直列処理だけでは1年もかかってしまうようなものが

多数ありました。

一方、GPUはグラフィック処理専用に設計されているため、

並列処理と言って、同時に何千もの計算をすることに長けています。

これを使用してみたところ1年かかる処理が30日くらい完了してしまいました。

ここでGPUが改めて注目を集めているというわけです。

つまり人工知能を使ったさまざまな処理をするためには、

GPUがなくてはならない存在となり、生みの親である

『NVIDIA』が、改めていま注目を集めています。

Ai20161212 03

先日NVIDAが発表した第3四半期の売上高は、前年同期比54%増の

20億ドル(約2276億円)となり、一気に株価もうなぎのぼり。

それもそのはず、NVIDIAのGPUが、任天堂の新ゲーム機「ニンテンドースイッチ」に

採用され、マイクロソフトのSurface Studioにも搭載、

そのほかにも、アマゾンウェブサービスや自動運転で一躍有名な

テスラモーターズは、全車にNVIDIAの人工知能エンジンDrive PX 2を

使うと発表したそうです。

創業者兼CEOのジェンスン・ファン氏は「GPUを使ったディープラーニングは、

コンピュータの次世代をリードするイノベーションを起こした」と

言っているそうです。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。