【記事】過熱するAI研究者の奪い合い – 大企業の寡占に対する懸念も

Ai20161019 01

元記事はこちら。

先週グーグルが新設を発表したCloud Machine Learning Groupという部門の共同責任者に、

以前トヨタ自動車に関する話で触れていたフェイフェイ・リーというスタンフォード大の

研究者が就任することになったというニュースが流れていた。

また今週初めには、やはりグーグルがカナダのモントリオールにある同社の拠点に

AI研究部門(実験室)を設けるという話題も報じられていた。

今回はこの2つのニュースを中心に、深刻度が増しているように見えるAI分野の

人材不足の話などを紹介する。

金の卵を産むガチョウに手を伸ばす大企業

まずWSJでは、グーグルやフェイスブックをはじめとする大手IT企業の仕事と

大学の仕事をかけ持ちするようになった著名な研究者として、

次のような顔ぶれの名前を挙げている。

・ジェフリー・ヒントン(Geoffrey Hinton)トロント大学/グーグル

・ヤン・レカン(Yann LeCun)ニューヨーク大学(NYU)/フェイスブック

・アンドリュー・ング(Andrew Ng)スタンフォード大学/バイドゥ

・アレックス・スモラ(Alex Smola)カーネギー・メロン大学/アマゾン

・フェイフェイ・リー(Fei-Fei Li)スタンフォード大学/グーグル

掛け持ちという点では、このほかにカーネギー・メロン大に籍を置きつつ

アップルのAI研究責任者をすることになった

ラスラン・サラクディノフ(Ruslan Salakhutdinov)という研究者も

このなかに加えられるかもしれない。

そうして今回グーグルがモントリオール拠点での新部門設立とあわせて

周辺のAI研究者コミュニティー

(Montreal Institute for Learning Algorithms という正式名称)に

337万ドルの研究資金を提供し、

ヨシュア・ベンジオ(Yoshua Bengio、モントリオール大学)をはじめとする

8名の研究者を支援することになったというニュースも発表されていた。

AIとくにマシンラーニングやコンピュータビジョンといった分野に対する注目度が

いっきに高まったことで、新たな人材を育成する立場の研究者が企業の仕事に時間を取られ、

学生の指導に十分手が回らなくなる懸念が高まっている。

WSJ記事で主に問題にされているのはその点だが、いまのところこれといった

解決策の手がかりは見つかっていないようだ。

VentureBeat記事によると、ベンジオはいまでも25人の学生と5人の博士研究員の面倒を

みているそうだが、それに対してグーグルと大学の仕事を掛け持ちするヒントンは

博士課程の学生を3人しか受け持っておらず、またフェイスブックのAI研究責任者を

務めるレカンもNYUでの授業が以前の2クラスから現在では1クラスに減ったとWSJは記している。

なお、10月下旬に公開されていたVentureBeatの別の記事では、ジェフリー・ヒントン人脈

(The Geoff Hinton Lab Mafia)として、レカン(ヒントンの研究室でポスドク研究)、

サラクディノフ(トロント大で博士号取得)、そしてオープンAIの共同創業者/研究ディレクターである

イリヤ・サツカバー(Ilya Sutskever、ヒントンの教え子、元Google Brain)の名前が挙げられている。

ベンチャー企業には手の届かなくなるAI分野の人材

フェイフェイ・リーのグーグル加入発表直後に出ていたWiredの記事には、

AI分野の人材がシリコンバレーのベンチャー企業にとっては高嶺の花になりつつある

という話が出ている。

たとえば、サーゲイ・ブリンの同棲相手(domestic partner)である

ニコール・シャナハン(Nicole Shanahan)という女性が経営する

クリアアクセスIP(ClearAccessIP)というベンチャーでは、

マシン・ラーニングを専門とするデータサイエンティストを採用しようと

4人にオファーを出したがすべて断られ、しかたがないのでカナダ在住の

人材と外注契約を結ぼうかどうかと思案中、といったことが記されている。

また、すでに名前を挙げた大企業各社に加えて、GEやサムスン、ツィッターなどでも

人材獲得目的の企業買収などを通じて積極的に人集めをしており、

その結果人材のプールが小さくなっているなどとある。

さらに、選挙戦中に移民問題で議論を巻き起こしたドナルド・トランプが

大統領に就任することが決まったことを受け、米国外に移住することを

視野に入れ始めた人材も出てきていることや、実際に前述のベンジオが

米国内のAI研究者に向けて「カナダにおいで」という趣旨のポストを

Facebookで公開したとか、フランス人のレカンもベンジオに同調するような

ポストをしていた、といったことも記されている。

この記事をまとめたライターは、こうした流れを踏まえながら、

米国内の小さなプレーヤー(ベンチャー企業などのこと)にとっては

AI分野の人材確保がさらに困難になる可能性があると指摘。

この見通しが正しいとすると、

ベンチャーキャピタリストになったマーク・アンドリーセンあたりもしばらくは

有望な投資先探しに苦労することになるかもしれない。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。