【記事】もう選ぶのに悩まない?人工知能が自分に似合うメガネを提案する「JINS BRAIN」

Ai20161112 01

元記事はこちら。

メガネブランド「JINS(ジンズ)」を展開するジェイアイエヌは、

人工知能による機械学習(ディープラーニング)を取り入れた

メガネのレコメンドサービス「JINS BRAIN(ジンズ・ブレイン)」の提供を開始した。

JINSオンラインショップ、全国のJINS店舗で体験できる。

Ai20161112 02

パソコンやスマホなど各種端末で顔を撮影、もしくはファイルをアップロードすると、

JINSオリジナルAIが選択したメガネのお似合い度のスコアを算出し、

自分に似合うメガネを提案してくれる。

JINSオンラインショップで利用する場合は、特設サイト内にある

メガネ約180型から、店頭で利用する場合は、店内にあるメガネの試着で判定する。

これまでにも、Web上でお勧めのメガネを提案するサービスはあったが、

顔型をベースにした簡易的な判定に留まっていた。

JINS BRAINでは、実際にJINSスタッフ約3000人が

のべ6万枚に及ぶ画像データを評価することで開発したJINSオリジナルAIにより、

精密な判定がされるという。

またJINS BRAINでは、男性・女性それぞれのスタッフが評価を行った、

男性型・女性型の異なる感性のAIを開発。

女性JINSスタッフによるAI、男性JINSスタッフによる評価のAIなど、

評価するセグメントを変えてマッチ度を示すことができ、

将来的には、子どもの評価によるAI、外国人の評価によるAI

という風にセグメントの幅を広げることで、

「どんな人から見たAIを参考にするか」という、参考AIを選べるようになる。

「今後データが蓄積されていくことで、より学習能力の高いAIができることは

もちろん、属性によるAIの展開も可能です。

それぞれのニーズや嗜好性に応じたアイウエアを開発するなど、

データを活用したサービス展開を模索していきます」(ジェイアイエヌ担当者)。

さらに、JINSスタッフによる商品レコメンド機能とは別に、

ユーザー自身でオリジナルAIを作成できる機能も搭載。

画面上に表示される複数枚の人物の顔画像を、「似合う」「少し似合う」「あまり似合わない」「似合わない」の4段階で評価し、

人工知能の学習率を上げていくことで、誰でも簡単に、

自分の志向に合うAIを作成できる。

作成したオリジナルAIで、友達や家族のお似合い度を判定することや、

友人・家族のAIにより、お似合い度を判定してもらうという楽しみ方もできる。

JINSはこれまで、2007年に本格的なメガネのECサイト

「JINSオンラインショップ」を立ち上げ、「メガネを通販で買う」という

新しい購入体験を提供し、さらに試着やスタッフによる接客といった、

「リアル店舗と同様のサービスを提供できない」というEC特有の課題に対して、

今年3月には、メガネの高精度3D試着サービス

「JINS VIRTUAL-FIT(バーチャルフィット)」を開始して、

これまで困難とされていたオンライン上でのメガネの3Dバーチャル試着を

可能にしてきた。

今回の「JINS BRAIN」の提供は、次なるサービス展開として

提供を開始したという。

「『JINS BRAIN』をきっかけに、新たなアイウエアの購入体験を

幅広く提供していきたい」(ジェイアイエヌ担当者)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。