【記事】【日経新聞】AIと世界 2045年を探して(1)未知との遭遇

人類の飛躍か試練か

Ai20161104 01

元記事はこちら。

2016/11/4付[有料会員限定]

 2045年、人工知能(AI)が人知を超える「シンギュラリティー(特異点)」を

迎える。

荒唐無稽な話ではない。

人の心にまで入り込み始めたAIが社会や国家、経済を揺さぶり、歴史を変える。

人類の飛躍か試練か。世界はその日へ向けて走り出した。

建立1千年を超す中国・北京の名刹、龍泉寺でAI僧侶に出会った。

「うちの女房が怒りっぽくて困る」

「ただ一緒に生きていくだけさ。離婚はお勧めできないな」

身長60センチのロボット僧侶「賢二」が境内を動き回ると、

参観客から「癒やされる」と声が上がる。

高僧たちの膨大な説法データを解析し、人々の悩みや問いかけに答える。

人に相談するより気楽といった若者が多く訪れる。

開発を主導した僧侶、賢帆法師は

「賢二が来てから多くの人が寺と仏教に注目してくれる」と言う。

中国でまだ信徒が多くない仏教を広めるにはどうすればいいか。

悩んでいたときに思いついたのがAIだ。

心の救いを得る聖なる場にAIが入り込む。

この現実に賢帆法師は「宗教とAIは矛盾しない」と言い切る。

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。