【記事】人工知能によるレコメンド機能搭載ロボット「Kibiro(キビロ)」予約開始

Ai20161102 01

元記事はこちら。

FRONTEOとFRONTEOコミュニケーションズは11月2日、

Kibiro公式サイトと三越伊勢丹で人工知能「KIBIT(キビット)」を

搭載したロボット「Kibiro(キビロ)」の一般消費者向け予約販売の受付を開始した。

受付期間は11月2日から12月31日まで。

価格は、16万2000円とサービス料5400円/月。

Kibiroは、クラウドネットワークにより人工知能KIBITに接続されている。

KIBITは、テキストから文章の意味を読み取り、人の暗黙知や感覚を学ぶ。

一般消費者向けKibiroは、書籍と健康情報をユーザーにすすめることができる。

人工知能KIBITがテキストに込められた文脈や意味を読み取りレコメンドする。

書籍レコメンドの場合、ユーザーは好みの本や興味のある本をピックアップし

Kibiroに教えると、Kibiroはその本のレビューデータを元に、

膨大な書籍レビューデータとマッチングし、

ユーザーの好みに合った本を提案する。

ユーザーがすすめられた本の評価をフィードバックすると、

Kibiroはその情報を学習し、次回のレコメンドの精度が高まる。

Ai20161102 02

機体は、ヴイストンが設計、製造するロボットプラットフォームSotaを活用。

シンプルな機構ながら、胴体、首、腕で8つのパーツによる

自由度ある豊かな表現が可能だ。

マイクとスピーカーからの発声で簡単な会話でき、

コミュニケーションロボットとしての基本機能も備えている。

ロボットとしては珍しく、洋服を着用できる。

Ai20161102 03

コミュニケーションは、会話やスマートフォン/タブレット用の

専用アプリケーションを介して行なう。

アプリ上のチャットからテキストを送ることで、

音声認識では伝えづらい言葉もKibiroがスムーズに理解できるという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。