【記事】オプティム、ネットワークカメラ映像とAI技術を用いた空席検知サービス

株式会社オプティムは27日、AI・IoTプラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」からネットワークカメラ映像を取得し、AIを用いて画像解析をリアルタイムに行うことで、空席を検知するサービスを発表した。

Ai20161028 01

元記事はこちら。

これまでの空席検知の仕組みでは、席ごとにセンサーやカメラを設置する必要があり、

多額のコストがかかるほか、システム的にも複雑となるなど、

導入へのハードルが高かったという。

しかし、AIを活用した画像解析によるリアルタイム空席検知が可能になれば、

ネットワークカメラを1台置くだけで、

手軽かつ簡単に空席状況を把握可能になるため、

飲食店や店舗の待ち時間解消に活用できるとした。

Ai20161028 02

 

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。