【記事】物流業界が「無人化」へ大きく前進

Ai20161017 01

元記事はこちら。

人手不足が深刻化する物流業界では「無人化」への取り組みが加速している。

各社がロボットによるピッキングや無人配送車(AGV)を進化させて効率化を図り、

2020年以降は無人の自動車と無人のドローンが配送するという

全く新しい物流社会が実現するかもしれない。

発送先によって商品を詰めていく作業「ピッキング」をはじめとする一部の作業は、

未だ人海戦術をとっているところが多い。

そこで、「多軸ロボット」によるピッキングシステムを提案しているのが、

産業用ロボットによる自動化システムが強みの旭興産(山口県岩国市)だ。

対象物のデータをプログラムすることで、異なる形の商品をピッキングできるという。

ホクショー(金沢市)は音声で指示を行うことで両手を塞がずにピッキングできるシステムを提案。

マキテック(名古屋市熱田区)はAGVと産業用ロボット、コンベヤー、治具を融合したピッキングシステムを開発した。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。