【記事】ギネス認定卓球コーチロボ オムロンがシーテックで披露

オムロンは3日、世界初の卓球コーチロボットとして今年1月にギネス世界記録に認定された3代目「フォルフェウス」を、シーテック内覧会で披露した。

Ai20161004 01

元記事はこちら。

フォルフェウスは人と卓球ラリーを続けられるロボット。

台の上のセンサーで、対戦相手の位置と球の動きを1秒間に80回計測して球の軌道を予測し、ロボットハンドが0.1ミリ単位の動きで打ち返す。

対戦相手が返球しやすいよう、卓球台に球の到達点も映し出す。

オムロンが2013年に発表し、その後も技術進化を重ねてきた。

今年発表した3代目モデルは、人工知能(AI)が相手の能力を

初級、中級、上級の3段階で判断し、レベルに合わせた返球で上達に導けるようになった。

会場で認定証を授与したギネスワールドレコーズジャパンの担当者は

「日本の匠の技術を認定し、世界中に伝えられることをうれしく思う」とたたえた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。