【記事】AI活用で危険運転を自動検出!NTT Comなどが成功

Ai20160927 01

元記事はこちら。

NTTコミュニケーションズと日本カーソリューションズ(NCS)は9月26日、車両から取得した各種データを人工知能(AI)で解析する共同実験を実施し、危険運転を高精度で自動検知することに成功したと発表した。

実験では、自転車などが車両の前面に飛び出してきて接触しそうになるシーンを「ヒヤリ・ハットシーン」と設定し、NCSの安全運転促進IoTツール「NCSドライブドクター」から映像データ、各種センサーデータといった時系列なマルチモーダルデータを抽出。

抽出したデータからNTT研究所の移動状況推定技術を用いて、ヒヤリ・ハット判定モデルを生成。生成モデルを用いて、ヒヤリ・ハットシーンが含まれるドライブレコーダーデータを約85%の確率で検出することに成功した。

今後両社は、路面や交通状況など、AIにより自動認識できる対象を拡大するとともに、映像やセンサー情報のビッグデータ解析を進め、危険運転の検知・解析の高度化を目指していく。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。