【記事】パナソニック 自動運転の試験車両を自社で製造

世界的に自動運転車の開発が加速する中、大手電機メーカーの「パナソニック」が自動運転の試験車両を自社で製造し、車に搭載する特殊なカメラなどの開発を進めていることがわかりました。

Ai20160918 01

元記事はこちら。

パナソニックが初めて自社で製造した自動運転車は2人乗りの小型車で、5台のカメラなどで周りを確認し、自動で走行します。

会社ではテストコースを新たに整備し、実際に走らせながらカメラが周囲の状況を正確に認識しているかやその情報をもとにハンドルやブレーキなどが的確に操作されているかをチェックしています。

こうしたテスト走行を重ねて、自動運転車の目となる特殊なカメラや、ハンドルなどを自動で操作するソフトウエア、車に搭載するタッチパネルなどの開発を進めています。



自動運転車の開発は世界的に加速し、今後、市場の拡大が見込めることから、会社では、すでに実用化しているブレーキを制御するセンサーなども含めた関連事業の売り上げを、今後2年で、今の1.5倍以上の6000億円に拡大する方針です。

パナソニックオートモーティブ事業開発センターの茨木晋所長は「自動運転は大きなチャンスで、自分たちで車を作り走行テストを重ねることで部品やシステムの開発を急ぎたい」と話していました。

大手電機メーカーにとって自動運転は新たな成長分野として期待され、日立製作所や三菱電機などもカメラやセンサーなど関連事業の強化に動いています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。