【記事】自動車用AIのComma.ai、999ドルの自動運転アドオンを年内発売へ

自動車用AIのComma.ai、999ドルの自動運転アドオンを年内発売へ

Ai20160914 01

元記事はこちら。

今年のTechCrunch Disrupt SFで著名なiPhone/PlayStationハッカー、George Hotzは、自身が設立した自動車AIスタートアップComma.aiが初めて販売する製品を披露した。Comma Oneは、999ドルのアドオン装置で24ヵ月分のソフトウェア購読料がついてくる。出荷は年内の予定。Hotzいわく、これを使うとマウンテンビューからサンフランシスコまで、ハンドル、ブレーキ、アクセルに一度も触れることなく車を走らせることができる。

これはふつうの車を完全自動運転車に変えるためのキットではなく、Teslaのオートパイロットに相当する機能を、新たに車を買うことなく実現するシステムだ、とHotzは説明した。「マウンテンビューからサンフランシスコまでハンドルに触らずに行ける」とHotzは言った。発売時に対応するのは少数の特定車種のみだが、いずれもっと多くのモデルでも使えるようにしたいとCooma.aiは言っている。

Commaの重要な決め手は「出荷できること」であり、これは他の企業にない特徴だとHotzは強調する。自動車メーカーやスタートアップは自動運転車プロジェクトを好んで発表するが(実際今日も1件発表があった)、そういう企業のほとんどはハードウェアすらなく、消費者に売れるものを全く持っていない。

「これは完動品だ。Teslaのオートパイロットとほぼ同等だ。」とHotzは言った。Comma Oneは内蔵の前方レーダーとカメラを利用しているため、センサーの数は多くない。「最も重要なセンサーはカメラだ。ビデオデータも取り込んでおり、Teslaでさえこれはやっていない。ビデオデータは全部持っている。」とHotzは言った。

引き合いに出されるのは常にTeslaだ。同社のオートパイロットシステムは既に使われており、先週末にはアップデートが公開され、性能は大きく向上し、ブレーキをかけるべき時にかけない問題の可能性が減少した。「Teslaが自動運転車のiOSならうちはAndroidになりたいと思っている」とHotzは言った。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。