【記事】乳がん発見を助ける人工知能

乳がん発見を助ける人工知能 人間の30倍の速度でデータを解析

元記事はこちら

Ai20160831 01

乳がんの発見に有効なマンモグラフィで問題が発見された場合、一般的には乳房生検が行われる。しかし、この生検は往々にして不必要であり、コンピューターの力を借りれば劇的に減らせるかもしれないとAI(人工知能)の研究グループは主張する。

ヒューストン・メソジスト病院は8月29日、マンモグラフィの結果を人間の30倍も速く99%の正確さで解釈できるAIソフトウェアを開発したと医療ジャーナル「Cancer」で発表した。このソフトウェアは患者のカルテを医師が検討するための診断情報に瞬時に置き換え、がんのリスクやさらなる検査の必要性を判断するのに必要な、信頼性の高いサポートを短時間で提供できる。

研究チームは、このソフトウェアが乳がんのリスクをどれだけ評価できるか判断するために、乳がん患者500人分のマンモグラフィの結果と病理報告書、乳がんのサブタイプに関する診断情報や相関性のあるマンモグラフィの結果をAIに提供した。その結果、臨床医2人は50人分を検討するのに50~70時間かかったのに対し、AIはわずか数時間で全員分のがんリスクを評価できたという。つまり医師の時間を大幅に節約できる可能性があるのだ。

乳がんのリスクを素早く判断するためには技術の力が必要だ。その例として研究者グループが挙げたのが米疾病対策センター(CDC)と米国がん協会が最近発表した統計だ。それによるとアメリカで行われている年間1,210万件のマンモグラフィの最大で半分が誤検出だという。

マンモグラフィの結果乳がんのリスクが3~95%とされた患者には高い頻度で生検が行われる。その数は年間160万件以上だが、20%は誤検出の結果行われた不必要な生検だという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. sana より:

    医療費の抑制は、国の重大な課題の一つです。がんの中でも多数を占める、乳がんで発見効率が大幅に高められるというのは、国にとっても、女性一人ひとりにとっても、非常に有益なニュースです。早期の日本での実用化を望みます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。