【記事】NTT、コミュニケーションロボットに機能を付加するクラウドサービス「ロボコネクト」提供開始

NTT、コミュニケーションロボットに機能を付加するクラウドサービス「ロボコネクト」提供開始

元記事INTERNETWatch

Ai20160830 01

我が家にロボットがやってくる。

以下は記事の引用

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は、コミュニケーションロボット向けに会話機能やカメラ撮影機能などのアプリケーションサービスをクラウド上で提供する「ロボコネクト」を9月1日より開始する。月額利用料(税別)は1ライセンスあたり3000円。初期費用として、契約料800円、サーバー登録料1000円が必要になる。

 第一弾として、ヴイストン株式会社が提供するロボット「Sota(ソータ)」がロボコネクトに対応する。キューアンドエー株式会社が提供する付加アプリケーション「Sotaレク」とあわせて利用することで、Sotaによる介護レクリエーションの進行補助および自動進行が可能になる。なお、ロボコネクトの利用にはSota(本体価格10万円、2年保守サービス付きで15万4000円)を別途用意する必要がある。

 ロボコネクトでは、NTTグループのAI関連技術「corevo(コレボ)」を用いた「コミュニケーション機能」、ロボットへの呼びかけで写真撮影を行う「カメラ撮影機能」、ロボットを介して遠隔地でPCを使って対話する「遠隔対話機能」が利用可能。遠隔対話中はカメラが映した映像を見ながら、ロボット本体を動かすことができる。

 さらに、ロボコネクトのID、パスワード、シリアルコードや契約状況を確認できる「ユーザー管理機能」、事業者から受けた付加アプリケーションサービスの利用開始申請を許諾できる「付加アプリ利用許諾機能」を備える。

Ai20160830 02

NTT東日本では、これまでシニア層への光回線サービス普及拡大のため、介護事業を通じたICT利活用を促進する活動を行ってきた。その中で、趣味や学習、健康、交流に関心のあるアクティブシニア層には、タブレット端末を直感的に操作できるプラットフォームサービス「かんたんタブレット」を提供。一方、直接的な利用が困難なノンアクティブシニア層には介護事業者・介護者をサポートするためのサービス提供を検討していたという。

 介護レクリエーションは、高齢者のQOL(Quality Of Life)向上やリハビリ効果のために欠かせないが、企画・運営にかかわる職員の負担が大きいことが人材流出の一因になっているという。また、レクリエーションの雰囲気作りに苦手意識をもつ若手職員が多いことや、高齢者(特に認知症患者)の集中力の持続、積極性の向上が難しいという課題があった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. sumiko5 より:

    身近なロボットは各種開発されているようですが、特に介護関係ではニーズが高そうです。
    レクリエーションといっても、お年寄り一人ひとりで好みは違うでしょうから、色々と対応できるのは、ロボットならではですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。