【記事】AI、東南アジアで賢さ磨く IBMが拠点

AI、東南アジアで賢さ磨く IBMが拠点 【日経会員】日経新聞(2016.8.9付)
データ収集・活用しやすく
人工知能(AI)が東南アジアで「学びの場」を広げ、「賢さ」に磨きをかけようとしている。


米IBMはAI技術を使ったコンピューター「ワトソン」の拠点をシンガポールに設置した。「ワトソン」を使った癌治療や自動翻訳に使い始めている。

政府が積極支援

東南アジアでAIやビッグデータの活用が急速に広がる背景には、日本や欧米に比べて、データの収集や活用にまだ寛容な社会風土がある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. sana より:

    日本では個人情報保護法以来、ビッグデータの活用が難しくなっているようですが、最近になってようやく個人を特定されない形での活用が認められそうですね。そうなれば日本でも、東南アジアのようなAI活用が徐々に広がっていくかもしれません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。