【記事】「ウシ」向けのウエアラブルデバイス登場―人工知能技術を活用

「ウシ」向けのウエアラブルデバイス登場―人工知能技術を活用

ウシ用ウエアラブルデバイス(身につける電子機器)「Farmnote Color」を、ファームノートが発表した。

ウシ用ウエアラブルデバイス(身につける電子機器)「Farmnote Color」を、ファームノートが発表した。人工知能(AI)技術を活用して、飼育をしやすくする。

article20160805-01

ウシ用ウエアラブルデバイス

ICタグなどを使って家畜を管理する手法は年々進歩をとげているが、Farmnote Colorもその延長線上にある装置。「Internet of Animals(IoA、動物のインターネット)」と銘打っている。

ウシの首に装着してそのデータをリアルタイムに記録。「クラウド」と呼ぶインターネット上の場所に集め、牛の活動量、反芻(はんすう)時間、休憩時間を解析。発情や疾病兆候などの異常を検知すると、飼っている人のスマートフォンなどに通知する。
蓄積したデータをもとにAI技術でウシの個体差を把握するため、使い続けるほど精度が高まっていく。

またスマートフォンを、ウシ用ウエアラブルデバイスに近づけると、個体の情報を瞬時に検索、表示する。さらに近くにいる牛をリストアップして、特定の個体を探すことが可能。ちなみにウエアラブルデバイスのバッテリーは常時利用で3年は交換不要とのこと。

article20160805-02

なお、この装置単体で機能するのではなく、さまざまな周辺機器や情報システムと組み合わせて使う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. sana より:

    これは、あっという間に普及すること間違いなしの技術ですね。
    畜産業で、24時間年中無休が常識なのが、見事に覆されるでしょう。
    我々消費者にとっても、乳製品すべて(肉も?)良質で安価なものが手に入りますよね。
    大変嬉しいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。