【記事】AIで株式需要予測(日経20160725)

AIで株式需要予測 日経2016/7/25より
有料会員向けリンク
カブコムと日立が共同開発

以下 新聞記事より引用

インターネット証券大手のカブドットコム証券は日立製作所と共同で、人工知能(AI)を用いた株式の需給予測システムを開発した。7月から本格運用を始めた。現在は専門のトレーダーらが経験に基づいて個別銘柄の需給を割り出しており、AIを使い取引拡大とコスト削減を目指す。

 具体的には日本株の貸株業務を対象にする。株式投資の一つで、個人投資家が保有する株券を証券会社を通じてファンドなどの機関投資家に貸し出す。銀行にお金を預けると金利を受け取れるように、個人は見返りに貸株料(貸株金利)を受け取る。一方で機関投資家は運用の機会が増える。

 貸株料は銘柄ごとに需給に応じて様々。AIで個別銘柄の需給を予測し、最適な貸出金利を導く。日経平均株価を構成する主要225銘柄すべてに対応。AIを使った貸株業務の自動化は国内証券では初となる。

 カブコムはネット証券ならではの顧客基盤を生かし、貸株を新たな収益源に育てたい考え。日立は金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」で実績の積み上げを目指す。カブコムでは現在、専門のトレーダーが銘柄ごとに貸株料を決めている。1日500件程度の貸株注文を受けているが、3割程度は処理が追いつかず他社に注文が流れて収益機会を逃すこともあったという。AIで100銘柄以上の注文でも数秒で処理できるようになる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. sana より:

    株は、19歳の時ビギナーズラックで、バイトしてセコセコ貯めた14万円があっという間に21万円になって以来、
    バブルの頃以外はずっとやっています。自分名義で持っているのは株式だけで、投資信託などは全く興味がなかったのですが、このような物なら大いに投資してみたいです。
    おそらく他社も、あっという間に参入してくるでしょうから、取引先のネット証券で扱うのを、それまで待とうと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。